このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ

目次

アドレッシングモード

 オペランドの入っている番地を命令の中で指定する方法をアドレッシングモードという。

アドレッシングモードの分類

直接アドレッシング

 直接アドレッシングとは、レジスタやメモリの番地そのものを命令に書くアドレッシングモードのことである。

[補講]TLCS-12Aの命令はレジスタの番地用として3ビットしか割り当てられているので、直接アドレッシングで指定できる番地の範囲は0〜7番地の8種類しかない。一方、日本のNECやアメリカのIntelやモトローラの各社で販売している8ビットCPUは、0〜65,535番地までの計65,536の番地を直接アドレッシングで指定できる。その代わり命令が長くなり、3つの番地に渡る3バイト命令からなる。 ◇

間接アドレッシング

 間接アドレッシングとは、指定したレジスタの中に実効アドレスを格納しておく。実効アドレスとはオペランドの入っている番地のことである。

参考文献

  • 『別冊・ラジオの製作 絵で見るマイコン入門』