このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ

イリオモテヤマネコ

  • 特別天然記念物。
  • 生きている化石。
  • 発見者である戸川幸夫氏は小説家でもあり、動物研究家。
  • 体長が1mのものもいる。
  • 木登りや水浴びをしたりするのが、普通の猫と違う。
  • いくら慣れても尻尾を上げない。
  • めったに鳴かないが、たまに「ニャー」と鳴く。

解剖学的特徴

  • 爪の鞘が不完全。
  • 頭骨が厚い。
  • 耳の骨と耳の後ろの骨の突起が離れたままになっている。
    • 他のネコ科の動物は、生まれたときには離れているが、間もなくくっつく。

参考文献

  • 『驚異の動物七不思議』