このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ

グローバルサーバーロードバラインシング

  • サーバーロードバランシングの1つ。
  • WANを介した複数の拠点にまたがるサーバー間でロードバランシングを行う。
  • クライアントがあるサービスへアクセスする場合、まずDNSで名前解決を行うが、ここで複数の拠点へ分散配置されたロードバランサの1台が上位DNSサーバーとして要求に応答する。
    • 各拠点のロードバランサは、配下の各サーバーのステータスや拠点間のランドとリップタイム(パケットの往復にかかる時間)を監視して、随時この情報を交換している。
    • この情報に基づいてリクエストに対する最適なサーバーを選択し、応答するという仕組みである。
  • グローバルサーバーロードバランシングは、いわゆる拠点間冗長構成を組みための敷くもの1つであり、ディザスタリカバリとして使用されることもある。

参考文献

  • 『ネットワーク現場の教科書 改訂版』