このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ

スペクトラムアナライザ

  • ノイズの正体は周波数ごとの成分(スペクトラム)の大きさで表される。
  • 高周波信号波形に対するフーリエ変換を行う。
    • 低周波信号波形に対するフーリエ変換を行う測定器として、FFTアナライザがある。
  • 観測図の横軸は周波数を表し、縦軸あ各周波数成分の大きさを表す。
    • オシロスコープの時間領域を流派数領域に変換することで得られる。
      • 数学的にはフーリエ変換により得られる。
  • スペクトラムアナライザにEMIプローブ(磁界用と電界用がある)を併用すると、IC1個分程度の範囲に限定して、そこから発生しているノイズ成分を観測することができる。また、電波暗室などの特別な部屋や設備を必要としない。

参考文献

  • 『見てわかるノイズの試験法と対策』