このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ

目次

ダンボール

  • イギリスで誕生した。
  • ボール紙を帽子の中に入れて、汗を吸収するために用いたのが始まりである。
  • 日本では1909年に、井上貞次郎が最初にダンボールを作った。
    • 名づけ親も井上貞次郎である。
  • ダンボールは全体の生産量の30%を占めている。

参考文献

  • 『学研まんがでよくわかるシリーズ35 紙のひみつ』
  • 『人間の知恵1 紙のはなし』