このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ

ツリープロトコル

ツリープロトコルのルール

 ツリープロトコルは次のようなルールに従ってロックの取得と解放を行う。

  1. あるノードのロックを獲得する。
  2. ロックを獲得しているノードの子ノードのロックだけが獲得できる。
  3. 個別のノードのロックはいつでも解放できる。
    • 他のトランザクションがロックできるようになる。
  4. 一旦ロックを解放したら、このノードのロックは獲得できない。

参考文献

  • 『RDBMS解剖学』