このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ

目次

データディクショナリ(Data Dictionary:DD)

  • =データ辞書
  • =静的ディクショナリ
  • システムに現れるすべてのデータの辞書で、データの論理構造を表したもの。
    • データ項目の名前や意味を登録した辞書(リポジトリ)のこと。
  • データ定義を一元管理する。
    • DB内のデータの整合性を保ち、システムの肥大化を防ぐ。
  • ユーザー・権限・領域・制約などの根幹的な情報を保持する読み取り専用のDBに保存しているデータの属性とそのデータ項目を使っているファイルの関係を管理する。

データディクショナリの表記で使う記号

記号意味
左辺のデータは、右辺のもので構成されている
要素を繋ぐ
{}繰り返し。{}の中の要素が、いくつも繰り返す。1{}5と書かれた場合は、5つあることを意味する
[][]の中の要素のいずれか。要素と要素は|で区切る
()任意選択。()の中の要素があったあったりなかったり

例:データディクショナリは、BNFで例えば次のように書かれる。

  • 1週間=1{平日}5+土曜日+日曜日
  • 平日=[月曜日|火曜日|水曜日|木曜日|金曜日]

 この例では1週間の曜日は、平日が5つと土曜日と日曜日で構成されている。そして、平日は月曜日〜金曜日のいずれかであることを意味している。

参考文献

  • 『情報処理技術者試験ポケットスタディ 応用情報技術者』