このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ

目次

受け入れテスト

  • ユーザー側へシステムを引き渡す際に行われ、ユーザー部門の承認を得るためのテスト。
  • ユーザー部門がテストデータを用意し、要求仕様通りの結果が得られるかを検証する。
  • 「誰から誰が受け入れるか」という点が重要である。

分類

  • ユーザ受け入れテスト
    • システムを提供する側(例えばシステム運用部門)から、ユーザー(例えば業務でシステムを利用するユーザー部門)がシステムを受け入れる際に、システムが業務で使い物になるか、ユーザーがシステム要求で挙げた業務改善が行えるかといった業務要求をユーザー側で確認する。
  • 運用(受け入れ)テスト
    • システムを開発した側(例えば開発プロジェクト)からシステム運用部門が受け入れる際に、運用業務や保守業務を行う上で問題がないかを確認する。
    • 例えば、データのバックアップリストア、ユーザーアカウントの管理、セキュリティ強度、障害復旧の容易さ、保守の容易さなどの機能要求や非機能要求が対象である。
  • 契約受け入れテスト、規定受け入れテスト
    • システム開発を外部のシステム開発会社に委託した場合、このシステム企画部門からシステム開発を依頼した側(例えばユーザー企業のシステム企画部門)が受け入れる際に、契約書通りにシステムができているかをシステム開発を依頼した側が確認する。
    • 契約にはRFP(提案依頼書)に含まれる業務要求、システム要求、ソフトウェア要求などの開発されたシステム(製品)に関する要求だけでなく、プロジェクト遂行の要求(例えば品質管理)、ドキュメントも含む納品物、納期やコストなどのプロジェクトマネジメントの要求も含まれる。これらのすべてが契約通り正しく行われていることを確認する。
  • アルファテスト、ベータテスト
    • ユーザー受け入れテストと似ているが、テストケースを定義することなく自由に使ってもらう点で異なる。
    • アルファテストでは限定したユーザーがテストを実施する。一方、ベータテストでは不特定のユーザーがテストを実施する。
    • システムテストなどのテストカバレッジでカバーしていない範囲や、テストできなかった非機能要求(例:ユーザーインタフェースの理解のしやすさ、魅力など)を統計的に評価することができる。

参考文献

  • 『演習で学ぶソフトウェアテスト特訓150問』