このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ

設計モデル

  • 分析モデルのクラス図に登場するクラスは、設計モデルのクラス図に必ず登場するとは限らない。
    • 分析モデルは本システムな要求の構造を理解するために作成される。一方、設計モデルは設計を理解するために、最適な実装手段を提供するために作成される。よって、分析モデルからシームレスに設計モデルに流れないケースもあり、その際にも分析モデルは重要なものとなる。
  • 設計モデルは実装を端的に示唆するモデルであるが、設計を理解するためのモデルでもあるという2面性を持つ。
    • 実装に近くなったモデルが、設計を理解するために本質レベルで抽象カされたモデルという効果が薄れてしまい、ソースの方がよっぽどわかりやすく保守性も優れているということになりかねない。
    • どの程度モデルを詳細化すべきかということは、ソフトウェアの規模・情報量・性質によってプロジェクト単位で決定する必要がある。

参考文献

  • 『これだけでわかる!初歩のUMLモデリング』