脳内ホルモン

  • 脳が活動するときには、様々な脳内物質が関与していることが明らかになってきている。
  • 脳内ホルモンは、神経細胞と神経細胞との間で、情報伝達の働きをする物質である。

主な脳内ホルモン

アドレナリン

  • 恐怖や驚いたときに分泌される。
  • 血管を収縮させ、血圧を上げる働きを持つ。
  • 人間を刺激し、活性化させる力も持つ。
  • 人間は恐怖を感じることによって、勇敢にもなる。

ノルアドレナリン

  • 怒ったり、緊張したり、戦闘開始を意識したときに分泌される。
  • 血管を収縮させる働きを持つ。
  • 活力の源でもある。
  • 攻撃的で、達成意識が強く、活動的なタイプの人が、しばしば心臓病になる。

ドーパミン

  • 積極的に仕事や勉強に取り組んでいるときに分泌される。
  • 快感を生み、創造性を発揮させる。
  • 脳内覚醒物質である。

脳内モルヒネ様物質

  • 1975年に、イギリスのアバディーン大学のジョン・ヒュージらは、モルヒネ様ホルモンが脳内で作られているのを発見した。
    • その後、約20種類が発見されたが、いずれも分子構造がモルヒネに似ている。
  • 麻薬によく似ているため、総じて麻薬様物質と呼ばれる。
    • ただし、脳内モルヒネ様物質には、依存性や副作用はない。
  • 脳内モルヒネ様物質は、強烈な快感をもたらす。
  • 代表格のβ-エンドルフィンの鎮痛効果は、モルヒネの百倍くらいあると言われる。
  • 脳内モルヒネは、またストレスを緩和する働きを持つ。
    • β-エンドルフィンは精神的ストレスの緩和剤である。

参考文献

  • 『説得の科学』