このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ

目次

卵内ピッピング

  • 卵が鳴く現象のこと。
  • 早成【そうせい】性の鳥(雛が孵化後、すぐに歩き、餌をとることができる鳥類)が持つ。
  • 親による抱卵の場合には、もうひとつの現象が加わる。卵内ピッピングが起こると、これに呼応するように、親鳥が卵に向かってその種特有の鳴き声上げる。
    • つまり、親と卵の中の雛は、殻を介して鳴き交わしていると考えられる。
    • この現象は孵化前20〜30時間も続く。

卵名ピッピングが行われる理由

  • 卵同士の鳴き交わしによって、孵化のタイミングを調節している。
  • 親鳥との鳴き交わしによって聴覚的な親子の絆を構築する。

 よって、動物行動学的にいえば、雛の鳴き声は親鳥に生得的にある母性行動を刺激するサインといえる。

参考文献

  • 『驚異の動物七不思議 チンパンジーになぜカギがあけられるのか?』