このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ

目次

Windowsネットワークの歴史

  • 最初のWindowsネットワークはTCP/IPとは無関係に成立した。
    • 初期の頃には第3層・第4層のプロトコルとしてはNetBEUIが使われ、他のプロトコルは利用できなかった。
  • その後Windowsネットワークでも、第3層・第4層のプロトコルとしてNetBEUIと並んでTCP/IPが使えるようになり、現在ではNetBEUIはほとんど使われなくなった。

初期のWindowsネットワークでNetBEUIが使われていた理由

  • NetBEUIはTCP/IPより単純なプロトコルなので、処理のためのソフトウェアが小さくて済む。つまり、少ないメモリで動作する。
  • 当時はメモリが高価であったため、PCに大容量のメモリを搭載するのが困難であった。
  • 仮に大容量のメモリを搭載しても、当時のPC用のOSにはそれを効率的に利用する機能がなかった。
  • インターネットが普及する以前であったため、PCでTCP/IPを使えるようにする必要性はそれほどなかった。

Windowsネットワークにおけるプロトコルの階層

NetBEUIの場合

TCP/IPの場合

Windowsネットワークのファイル共有・プリンタ共有

  • クライアント・サーバー型である。
    • (ファイル共有・プリンタ共有の)サーバーは、フォルダ・プリンタを共有する側である。自分のディスク内や接続しているプリンタを他に公開する。
    • (ファイル共有・プリンタ共有の)クライアントは、共有(公開)されているフォルダやプリンタを利用する側である。

参考文献

  • 『Lepton先生の「ネットワーク技術」勉強会』