このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ

  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*目次 [#l0cdeb4c]

#contents

*『HAM Journal No.103』特別付録の「PICで作るモールス符号受信・送信練習機」 [#gc0a6770]

-[[『HAM Journal No.103』:http://www.cqpub.co.jp/HAMJournal/contents/103/HAMJ_103.htm]](CQ出版)の付録である「PICで作るモールス符号受信・送信練習機」を製作した。
--「上級に合格するための電信習得法」という特集のための付録である。
-付録に付属している部品以外には3Vの[[電池ボックス]]と[[電鍵]]が必要。
-公式サイトの作り方
--[[公式サイトの作り方:http://www.cqpub.co.jp/HAMJournal/contents/103/HAMJ_103b.htm]]
-電池をつなぐだけでアルファベットA〜Zまでのランダム符号発生による受信練習が可能である。
--また、電鍵をつないで長押しすることで送信モードに切り替わり、送信の練習も可能である。


#img(http://security2600.sakura.ne.jp/main2/image4/denken.jpg)
製作前
#img(,clear)

*付属部品 [#j2c952bc]

-[[PIC]] 12C409A
--プログラム書き込み済み。
-[[スピーカー]]
-[[半固定抵抗器]]
--スピードの調整用。
-[[抵抗器]]
---抵抗器が1つ見つからなかったので、すでに持っている抵抗器で代用した。
--10kΩ
--1kΩ
--200Ω
-[[コンデンサ]]
--0.1μF
--0.01μF
-プリント基板

*組み立て [#ub16c6be]

-電池ボックスは単3電池(1.5V)×2本かつスイッチ付き(\147)を利用。
-動作確認後、基盤と電池ボックスはグル―で固定した。

#img(http://security2600.sakura.ne.jp/main2/image4/denken2.jpg)
製作後
#img(,clear)