このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ

  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*目次 [#a10ba12d]

#contents


*theとaの使い分け [#z6da4c6d]

**the [#u5d1324a]

 この世にひとつしかないものに付ける。

例:

-the sun
-the moon
-the earth
-the sea
-the sky

 この世にはたくさんあるが、その場面にはひとつしかないものに付ける。

例:

-"Open the door."
-"He is the president of Waseda University."
--president「学長」
--学長は大学に一人だけなので、the
-"Do you catch the bus this morning."「あなたは今朝バスに間に合いましたか?」
--catch「間に合う」
--バスに間に合ったかどうかということは特定のバスなので、theを使う。
-"Was the test is hard?"
--言及している試験は特定のひとつなので、theを使う。
-"Do you know the tall guy at the door."
--door「入口」
--入口にいるのは特定の人なので、theを使う。


**a/an [#i021640b]

 話の場面で2人・2個・2つ以上あるときに、a/anを使う。そして、aとanの使い分けは、前者は子音の前のとき、後者は母音の前のときである。

例:

-"I have a European friend."
--a+子音
-"He is a professor at Waseda University."
--大学内に教授はたくさんいるので、a
-"He is an employee of this company."
-"Let's see a doctor."
--see「〜に見てもらう」
--かかりつけでない医者だからaを使う。かかりつけならば特定の医者だからtheになる。
-"She was talking to a tall guy at the station."
-"I saw a good-looking guy in the park this morning."
--good-looking「ハンサムな」
--特定の公園だからtheを使う。ハンサムな人は2人以上なのでaを使う。


*theの発音 [#t94a8aee]

 theの基本的な発音は「ザ」だが、次の2つの場合には「ジ」と発音される場合もある。

-強調したいとき
--"Now is the time to invest in chocolate manufactureing."「今こそがチョコレート生産に投資すべきときだ」
-母音の前
--"The aliens gave me this strange coin."「エイリアンがこの不思議なコインをくれた」

 ただ、必ず「ジ」になるというはっきりしたルールがあるわけではなく、こういう傾向があると理解すること。英語をある程度使えるようになると、あまり考えることなく自然にそう発音するようになるらしい。


*参考文献 [#tc410cad]

-『ダーリンの頭ン中』
-『中学英語で言いたいことが24時間話せる Part1』