このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ

  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*目次 [#jce79f5a]

#contents

*宣伝 [#p685e36e]

 当サイトにおける暗号に関するページでは、説明が足りなかったり、誤った記述をしていたりするところがあります。今後、少しずつ修正する予定です。~

 暗号理論の『暗号技術のすべて』が発売されています。初心者向けの暗号本です。これまで暗号本に何度か挑戦しつつも挫折してしまった方、学校の課題で悩んでいる方、資格試験にて暗号の問題が苦手な方などにお勧めです。

[[&ref(http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/books/cipher/img/cover_mini.jpg,nolink,『暗号技術のすべて』宣伝サイト);>http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/books/cipher/]]

 興味がある方は[[宣伝サイト:http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/books/cipher/]]を参照してください。[[Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/4798148814/securityakade-22]]でも発売中です。


*古典暗号と現代暗号 [#vb4245ed]

**古典暗号 [#u1349b78]
 古典暗号とは、次の特徴を持つ暗号の総称です。

-暗号の作り方も鍵も秘密。
-暗号の安全性を言語の統計的特徴を基に議論する。
-暗号を使用する目的が主に軍事と外交。

 例えば、換字式暗号、転置式暗号などがそうです。有名なスキュタレー暗号、
シーザー暗号などは古典暗号です。
 古典暗号の暗号アルゴリズムを作るということは、一種の芸術的なものであり、
数学的な安全性評価というものがありません。

**現代暗号 [#t7326cec]
 現代暗号とは、次の特徴を持つ暗号の総称です。

-暗号アルゴリズムは公開され、鍵のみが秘密。
 暗号・復号のアルゴリズムは公開されているので、誰でも知ることができ、そ
のためプログラムとして実装することも可能。
-暗号の安全性は計算量を基に議論する。
-一般社会において民間・個人にも使われる。

 例えば、DES暗号、AES暗号などの共通鍵暗号系、RSA暗号、ElGamal暗号などの
公開鍵暗号系が含まれます。そして、ゼロ知識型認証などの暗号プロトコルも含
まれます。