このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ
*目次 [#t73acb08]

#contents


*はじめに [#ia14f74d]

 嘉永【かえい】〜安政期は江戸に限らず、陸奥沖、仙台、東海、南海などの広範囲において大地震が日本を襲っている。


*安政の大地震 [#sd0a4d0d]

-安政2年(1855年)に発生。
-[[関東大震災]](1923年)のM7と比べると小さかったが、直下型の大地震で家屋の倒壊による被害が大きく、多数の死者を出した。
-被害が大きかったのは低地、即ち御曲輪内【おくるわない】((江戸城の外濠に囲まれた区域。老中や大名の屋敷が立ち並んでいた。))・小川町・小石川・下谷・浅草・本所・深川など。
--被害が比較的少なかったのは高台、即ち青山・麻布・本郷など。
-安政の大地震以前に江戸を襲った大地震は、元和【げんな】の地震(1615年)、慶安の地震(1649年)、元禄の地震(1703年)がある。それから150年以上経っているので、人々に危機意識がなかったと言える。
-被害者
--死者:4,293人(ただし、火災による死傷者は含まれていない)
---深川:1,186人
---本所:858人
---吉原:630人
---浅草:578人
--負傷者:2,754人
--倒壊家屋:14,346軒+1,724棟
--潰れ土蔵:1,404個所
--水戸藩の思想家・[[藤田東湖]]【とうこ】は、この地震で死んだ。
--吉原の遊女も廓【くるわ】の外に出られなくて被害にあった。穴に隠れていたが、火災になり、後で掘り出したら、皆窒息死してたようだ。
---律儀に規則にしたがったからこうなってしまった。
--歌舞伎役者の3代目中村仲蔵は、地震にあったとき料亭にいて、屋根に上がって命拾いしている。
-鯰【なまず】を主人公にした風刺画である鯰絵が大流行した。


*越後大地震 [#d4489779]

-文政11年11月12日の朝8時頃、越後の三条町・長岡・与板・和木野町など十里四方に大地震が起こった。
-推定マグニチュード6.9程度。
-寺社や民家が倒れ、人々は慌てて戸外に逃げたため同時に火事が起こった。
-死者3万余り
-余震は14日まで頻繁に続いたと[[かわら版]]にある。


*京都大地震 [#sd46a3fa]

-文政13年(1830年)7月2日午前4時頃、雲もないのに天空に雷のような音がした。それと同時に大地が大揺れにゆれ、町家や土蔵が倒れて死傷者が続出した。
-公家も町人も皆飛び出し、その夜は屋外で野宿した。
-翌3日の朝までに余震およそ124回、その後も1時間に7〜10回の地震が続いた。
-[[二条城]]の石垣はくずれ、地面に7,8寸の裂け目が生じ、北野天満宮では78本の石灯籠がすべて傾いたといわれる。
-死者280人、禁裏をはじめ有名寺社が相当被害を受けた。


*参考文献 [#xbc66f75]

-『大江戸見聞録』
-『山本博文の江戸学講座』
-『かわら版 江戸の大変 天の巻』