このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ
*目次 [#g2e202fd]

#contnets;


*同期 [#g28297ae]

 データを伝えるときには、相手もデータを受け取る準備ができていないといけない。そして、どこからデータが始まるのか、受け取る側にはっきり伝える方法を考える必要がある。このデータを伝送するために送信側と受信側がタイミングを合わせることを、''同期を取る''という。つまり、送信側から送ったビット列を、正しく受信できるように、受信側のタイミングを合わせるわけである。


*各種同期方式 [#vce08207]

**調歩同期方式(非同期方式) [#b4e452b9]

 データ(通常は8ビットの1文字=8単位符号)の前後にスタートビットとストップビットを付けて、データごとに区切って送信し同期を取る方法。伝送するデータがない場合は、ストップビット(通常は1)の状態にしておく。

 1文字を伝送するのに10ビット必要なので、高速な伝送には向いていない。

**キャラクタ同期方式 [#f444808e]

 データの始めに同期用のも文字を2個以上付けて送信し同期を取る方式。

**フラグ同期方式 [#o2d2eac8]

 フラグパターンを送り続け、間にデータを挿入して送信し同期を取る方式。


*参考文献 [#k349e63c]

-『1週間で分かる基本情報技術者集中ゼミ【午前編】 2006春秋』