このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ

  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*目次 [#aee567eb]

#contents

*LANケーブル [#u5f3c33a]

-LANケーブルには1と0を表す電気信号(パルス)が流れている。
--コンピュータ内部では電圧があるかないかで1と0を表している(これをNRZ(Non-return-to-zero)型という)、これをそのまま波形に置き換えただけでは不都合が起こる。
---例えば、最初に0が続くデータを送信した場合、ケーブル上を流れる電圧がない状態だと、相手のコンピュータは通信が切れているのか、0のデータが送られているのかを判断することができない。そこで、1と0のビット列を電気信号に置き換えるときは、プラスの電圧とマイナスの電圧によって作り出される波形を利用する。
-LANケーブルの外側には速度などの役立つ情報が書かれている。


*LNAケーブルに要求される要件 [#kc2735d4]

-遠くまで正確に信号(即ち、データ)を伝送できること。
--正確に伝送させるためには、信号波形が歪まず減衰しないことが最も重要である。
---信号が減衰すると、受信側でその信号を読み取りにくくなり、正確な通信ができなくなる。
--高い周波数になればなるほど、波形が歪むという特徴がある。
--伝わる[[ノイズ]]のパワーが同じであっても、受ける場所の[[インピーダンス]]が大きいとノイズの影響が大きくなる。
-加工や施工が容易である。
-低価格である。

*LANケーブルの品質 [#s28a8153]

-カテゴリが高くなるにつれて、LANケーブルの品質は高い。

[例]3<5<5e<6<6e<7 ◇

*LANケーブルの[[ノイズ]] [#s9d7e653]

-よりの間隔が広がると、ノイズを打ち消す効果が弱くなる。
--例えば、カテゴリ5の場合は13mm以内と決まっている。
*色の意味 [#w8a65667]

**CAT-5 [#l0df1654]

-オレンジと緑の銅線はデータの送受信を行う。
--オレンジのペアはデータを送信する。
--緑色のペアはデータを受信する。
-色のパターンは銅線の極性を意味する。
--銅線が縞模様の場合は、陽極を意味する。
--銅線が無地の場合は、陰極を意味する。
-青と茶の銅線は将来の[[帯域幅]]容量のために取ってある。

*配線の規格 [#d3c35f75]

-RJ-45コネクタで使用する配線順序の規格(568Aと568B)を選ぶとき、他端の規格と合わせる。

**568A [#ibbd712b]

***配線順序 [#s747e1bb]

 次のように縞模様と無地の配線が交互に並ぶ。

+縞模様の緑
+無地の緑
+縞模様のオレンジ
+無地の青
+縞模様の青
-無地のオレンジ
-無地模様の茶
-無地の茶

**568B [#o720bd06]

 568Aの配線順序と似ているが、緑とオレンジの銅線の位置が入れ替わっている。

+縞模様のオレンジ
-無地のオレンジ
+縞模様の緑
+無地の青
+縞模様の青
+無地の緑
-無地模様の茶
-無地の茶

*参考文献 [#i979ead7]

-『情報ネットワーク施工実務マニュアル』
-『Windows7ネットワーク逆引き大全』
-『みるみるネットワークがわかる本』
-『Head First ネットワーク』