• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • オーロラ へ行く。

*目次 [#u95d551f]

#contents


*オーロラ [#zcdc66a0]

・太陽から来た電気を帯びた粒子が、地球の極近くで空気と衝突して起こる発光現象。 
-[[太陽]]から来た[[電気]]を帯びた粒子が、地球の極近くで[[空気]]と衝突して起こる発光現象。 
-オーロラが北極・南極で起こるのは、磁化しているプラズマ粒子が磁力線の集まる両極域に集中して流入するからである。
-極光【きょくこう】とも呼ばれる。
-北極に近い[[ノルウェー]]や[[アイスランド]]、[[南極大陸]]などで見ることができる。
--中でも冬になれば95%の確率で見られるといわれているのが、[[カナダ]]のイエローナイフである。
-[[太陽]]から[[地球]]に届く[[太陽風]]によって発生する。
--太陽風の中の電子の粒は、[[空気]]の薄い高空では活発に動いて空気中の[[酸素]]や[[窒素]]と衝突して光を放つ。これが[[オーロラ]]である。
---電子の粒が空気中の分子にぶつかるために光るという仕組みは、[[蛍光灯]]や[[ネオン管]]と同じ原理である。
---この空気中の分子の成分によって光の色が変わる。

・オーロラが北極・南極で起こるのは、磁化しているプラズマ粒子が磁力線の集まる両極域に集中して流入するからである。

*参考文献 [#h0d85df8]

-『世界でイチバンの場所ガイド』