*キャッシュスラッシング [#r0e3654c]

-ラインの入れ替えが頻発して性能が落ちること。
-キャッシュスラッシングを防ぐには、[[メモリ]]上で離れていて同時にアクセスするデータ同士が、キャッシュ上で同じエントリに入らないようにする。
-キャッシュの構造やプログラムの内容によるが、要素数が2のべき乗の配列を多数組み合わせて使うと、キャッシュスラッシングが起こりやすくなるため、性能が低下する。