*コンテキストスイッチ [#b512efd5]

-[[マルチタスク]]OSの配下で、[[CPU]]上で実行されている処理が待機状態に遷移するか、タイムスライスのしきい値に到達することでCPUの使用権を別の処理に移ること。
-コンテキストスイッチが発生すると、それまでCPUを使用していた処理の情報を一旦レジスタなどに保存する必要がある。
--再びCPUの使用権が戻ってきたときに、それらの情報を用いるため。
-CPU使用権を得た処理は保存された前回使用時の情報をロードする。
-コンテキストスイッチにより、データの保存と読み込みが発生し、オーバーヘッドになる。
-[[Windows]]ではこれらの一覧のCPUリソース管理を担当しているコンポーネントが[[Windowsスケジューラ]]である。


*参考文献 [#n0b9a356]

-『絵で見てわかるSQL Serverの内部構造』