• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • ベリリウム へ行く。

*目次 [#p33635df]

#contents


*ベリリウムの特徴 [#w5269ca3]

-原子番号4
-[[赤色巨星]]の中で、2個の[[ヘリウム]]の原子核が合体して、核融合することで生成される。
-不安定なので、約1,000兆分の1秒後には、再び2個のヘリウムの原子核に分裂してしまう。
--さらに1,000兆分の1秒後には、第3のヘリウム原子核がぶつかって融合し、原子番号6の[[炭素]]ができる。
---つまり、ベリリウムの寿命がとても短いために、炭素原子核が合成され、その炭素から炭素より上の原子番号の元素がすべて合成されるのである。
-アルカリ土類金属に分類される。
--ただし、[[カルシウム]]とは性質が大きく異なるため、アルカリ土類金属に分類しないこともある。
-銀白色の金属。
-空気中では表面に酸化被膜が形成され、安定している。
-[[電子]]の数が少ないので、電子と[[原子核]]との結びつきが強い。


*ベリリウムの応用 [#cd1d29fb]

-[[銅]]あるいは[[ニッケル]]との[[合金]]として利用される。
--[[ベリリウム銅]]
--[[ニッケル銅]]

*参考文献 [#fe85027b]

-『元素を知る事典』