このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ
  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • へ行く。

*目次 [#h13e08cc]

#contents


*金の特徴 [#l0656f34]
*金 [#l0656f34]

-金には砂金と山金の2種類がある。
-自然金は純金ではない。
--10%以上の[[銀]]が混じっている。
--金と銀とはよく似た性質を持つので、混じりやすいのである。
--銀の量がもっと多くなると、金色が淡くなってしまう。よくジュエリーに使われる。
---[[合金]]では、銅を混ぜて色を戻す。銅の方が硬いので、金を強化することもできる。
-日本では大量の金が産出されたが、その割には意外なことに金ピカ文化は育たなかった。
--日本人には外国のように金銀宝石を愛好する癖はなかったのである。このことは16世紀半ばの宣教師である[[フロイス]]の報告で指摘されている。


*K単位 [#uf5a4c88]

|24金|純金|
|20金||
|18金|これ以下は[[銀]]や[[銅]]の割合が高い。|
|14金||

-山金
--18金〜20金
-砂金
--20金〜22金


*参考文献 [#rf4163ec]

-『たのしい鉱物と宝石の博学事典』
-『かぎの話と窃盗リスク』