このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ
  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • 日本 へ行く。

*目次 [#p99e7306]

#contents

*日本 [#g3eed5dd]

-日本はエネルギー資源が乏しい。
--国産エネルギーは水力・地熱・風力、若干の天然ガスのみで、必要エネルギーの約4%にすぎない。
--石油・石炭については、現在ほぼ全量が輸入という現状である。
--第一次オイルショックの後、次々とエネルギー対策が進められた。
---エネルギー資源多様化によって石油依存度を低減する。
---1979年に省エネ法、71998年にトップランナー方式など省エネ施策にきょる省エネ推進。
---ムーンライト計画、ニューサンシャイン計画などの省エネ関連技術の開発。
---ESCO事業(必要な技術・設備・人材・資金を包括的に提供する事業)の活用。
---2006年5月に新・国家エネルギー戦略には、2030年に向けてエネルギー安全保障確立、エネルギー問題と環境問題の一体的解決、アジア・世界のエネルギー問題への貢献を目標とした重要施策が盛り込まれた。



*日本とスパイ活動 [#x44e030b]

 日本企業は通常、公開情報源にあたるなどの正当な手段によって情報を集めるが、かなり独創的な情報収集方法を思いつく才能をもっているといわれている。その例として、ある日本企業が米国企業各社へ送りつけたアンケート作戦がある。アンケートに同封された手紙には、その日本企業が当該米国企業をサプライヤーとして検討中であるが、さらに本格的な考査のためにはアンケートに答えてもらう必要があると記載されている。アンケートの内容としては、その会社のすべての施設の所在地、施設のキーパーソンの名前、開発中の商品の種類と生産高などの企業秘密情報を詳しく聞き出すものであった。

 日本政府自体には、情報収集能力はない。元CIA情報部員で日本企業の諜報活動に詳しいジョン・クインの話によれば、日本政府は日本の企業を通して、外国の秘密情報を入手しているとのこと。

**事例 [#of6309bf]

+宅配業者に金を握らせて、特定の会社への配達品とその会社からの発送品を報告させる手口まで使う。
+日本政府が設立したジェトロ(日本貿易振興会)のスタッフには、企業情報収集のプロである出向者が含まれていると噂されている。
--元々、ジェトロは日本と他国との貿易関係の改善のために設立されましたといわれているが、対情報活動のプロの多くは設立の第一目的は情報活動であると見ている。
+米国にとって、日本は大切な同盟国であるが、米国企業からみれば大きな脅威となる。


*日本の特殊部隊 [#g42abc7f]

**警察特殊奇襲部隊(SAT) [#qfeae0d3]

-日本の特殊部隊の中で最も歴史が古い。
-1977年、[[バングラデシュ]]のダッカで起きた日本赤軍によるハイジャック事件を契機に設立された。
--各国がテロリストの要求には屈せずに、特殊部隊の投入により事件を解決しているのに対して、この事件で日本政府は超法規的措置という変な理屈を持ち出し過激派メンバーの釈放に応じてしまう。その反省から対ハイジャック対策用特殊部隊として作られたのがSATである。
-警視庁と大阪府警にそれぞれ1個中隊(3個小隊からなる)が置かれている。
-SATの小隊は突入班・狙撃班・支援班の3つに分かれている。
-装備は拳銃・狙撃銃(ボルトアクションのライフル銃)・サブマシンガンなどである。
-緊急展開用のヘリコプターなども配備されている。
-ノウハウは他国の特殊部隊から提供された。
--[[ドイツ]]の第9国境警備隊(GSG9)から提供され、一部は[[イギリス]]のSASから提供された。


***歴史 [#v39e0827]

-1995年に函館空港で起きたハイジャック事件で、SATの名前が本格的に知られるようになった。
--このときには北海道警の対銃器部隊(北海道警内のSATの前身)と共に警視庁のSAT部隊が突入作戦に参加した。犯人の身柄を確保し、人質を救出した。
-2000年5月に起きた西鉄高速バス乗っ取り事件では、広島県警がSATの支援を受け手突入作戦を敢行した。
--音響弾でバス内に投げ込んで突入し、犯人を取り押さえるという突入方法が、日本で初めて採用された。


**海上保安部特殊警備隊(SST) [#eca31b6b]

-海上保安庁の特殊部隊。
-アメリカはSSTの教育に熱心である。
--プルトニウムの海上輸送時に核燃料がテロリストの手に渡るのを恐れてのことである。


**特別警備隊 [#t389946d]

-海上自衛隊の特殊部隊。
-主な任務は停泊させた不審船に突入して、制圧することである。
-1999年3月に日本海に出没した不審船を取り逃がしてしまった経験から、創設された。


*参考文献 [#g148adf9]

-『特殊部隊とは何か』
-『現代産業スパイ事情』
-『最新版 手にとるように経済のことがわかる本』
-『暗号の秘密とウソ ネットワーク社会のデジタルセキュリティ』
-『TOKYO犯罪公司』

-『改定版テキスト対応! 資格取得スピード王が教えるeco検定 1ヵ月合格術』