このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ
  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • へ行く。

*目次 [#lde3e71c]

#contents


*風 [#gf0d05be]

・対流(温度差による)、高気圧→低気圧(気圧差による)などの要因によって風は起こる。


*対流 [#hf6c7455]

 太陽の熱は地面を暖めて、地面から暖められた空気が上昇することで冷たい空気が下降する。この循環を''対流''と呼ぶ。


*潮風、陸風、なぎ [#lf09b881]

・海は暖まりにくく、冷めにくいという特性をもつ。そして、陸地は暖まりやすく、冷めやすいという特性をもつ。 

 この特性により、昼間と夜間では風向きが変わる。

-昼間
--海から陸に向かって風が吹く。これを''海風''という。
-夜間 
--陸から海に向かって風が吹く。これを''陸風''という。

・''なぎ''とは、朝夕の2回、海と陸の温度差が少なくなって、風が止むことである。つまり、「海風→なぎ→陸風→なぎ→海風→…」という循環になる。


*季節風 [#x63d4c7f]

-夏
--太平洋から南よりの暖かい風が吹く。
-冬
--大陸から北西の冷たい風が吹く。 

・季節風は、規模が大きい海風・陸風である。


*地衡風 [#jce0655a]

・風の吹く原因は温度差(=気圧差)である。空気は対流という暖まり方をするので、グルグルと循環しながら空気が動くことにより風が起こる。偏西風や赤道付近に吹く偏東風は、この大気の循環による風なのである。 

 しかし本来なら風は緯度に垂直に吹くはずだが、地球は自転しているため、風の向きが曲げられる。この力を''コリオリの力(転向力)''という。北半球では冷たい空気を左側に見ながら天気図上に等しい気圧を結んだ線、即ち等圧線に平行に風が吹く。このような風を''地衡風''という。



*偏西風 [#r1efee5a]

・''偏西風''とは、地衡風の一種で、1年中向きがわからない風のことである。

・日本は常に西から東へ偏西風が吹いている。

 例えば、日本からアメリカへ飛行機で移動すると追い風をうけて早く着き、逆にアメリカから日本へ飛行機で移動すると向かい風をうけて遅くなる。つまり、偏西風の影響で飛行時間が違うのである。



*ジェット気流 [#w593ad85]

・偏西風の中でも特に流れの強く速いものを''ジェット気流''という。季節によって多少軌道は変わる。

・日本からアメリカ大陸へのジェット気流を利用して、かつての日本軍は風船爆弾を送ったのは有名である。


*参考文献 [#bb86ae42]

-『図解雑学 半導体』 
-『図解雑学 気象のしくみ』 
-『アシモフの雑学コレクション』 
-『雑学3分間ビジュアル図解シリーズ 電子』 
-『PHB 入門アマチュア無線』 
-『実況ゼミナール!乙種4類危険物取扱者試験』